絶対に合格したい!予備校の選び方を大公開

続ける為には相性も重要

クラスの雰囲気や勉強方法について

予備校の雰囲気が肌に合わないとやる気がそがれてしまいます。わきあいあいとした雰囲気が好きな方であれば、ある程度の人数のいる予備校が良いです。マイペースに勉強したいという場合はマンツーマンで学べる予備校が良いでしょう。
ちなみに少人数のクラスいくつも編成している予備校もあり、入校前にテストを受けてもらうケースもあります。その点数次第によっては入校を断られる事もあるので注意が必要です。
実際に雰囲気やカリキュラムを知りたいのであれば、体験入校がおすすめです。1~3日程入塾体験が出来るので、目に見えないものをしっかりと感じ取る事が出来ます。体験の際に質問のしやすさやレスポンス、講師の雰囲気をチェックしてみましょう。

自分に合った予備校ですか?

講師の性格や雰囲気は、予備校を決める際に大切なポイントです。それを見極める為には講師のプロフィールを確認してみましょう。学歴はもちろんですが、得意部やどの様なパイプを持っているのかとチェックすると良いですね。
また卒業生の体験談やインタビュー、面接対策と言った細かな部分が充実している予備校はおすすめです。生徒が勉強しやすい様に環境を整えている、教室の立地場所など選ぶポイントは数多くあります。
仮に選ぶポイントが多すぎて困ってしまった場合は家族に相談し、ゆずれない条件やポイントを絞るのも良いでしょう。比較サイトや口コミを確認するのも良いですが、実際に自分の目や肌で感じる事が合格への近道では無いでしょうか。


TOP