絶対に合格したい!予備校の選び方を大公開

費用をしっかり確認

平均的な学費はどれくらい?

医学部に合格すれば将来的にも有望ですし、予備校で発生したコストもすぐにリターンになります。予備校は自分に対する投資と思えれば良いのですが、それでも出来る限り安く抑えたいのが本音です。
最低でも1年、その年に合格できなければもう1年とかなりの出費を覚悟しなければなりません。
志望校やクラス形態によっても異なりますが最低でも年間200万円以上発生すると考えて下さい。中には100万以下という予備校もありますが、大手予備校の医学部や医学部専門予備校の特待生コースがメインです。
国立の医学部に進学希望であれば100~250万円で良いのですが、その分ある程度の学力が必要です。お金に糸目をつけないのであれば500万以上発生しますが、高額であれば必ずしも合格する訳ではありません。

諸費用もしっかり換算しよう

最低200年万程度と説明しましたが、これは学費と言う意味合いです。追加でテキストが必要になった場合や、入校する為の初期費用が発生するケースもあるのでこれらの金額をしっかりと算出した上で予備校選びをして下さい。
また立地条件の良い場所で無いと交通費が無駄に発生しますし、終わる時間帯によっては夜食を頂くので食費がかさむ事もあります。これらは環境やライフスタイルによっても違いますが、年間50~100万ほどと見ても良いでしょう。
ちなみに予備校に入校したのは良いがカリキュラムや方針が合わない場合は途中退学になります。その場合、月割で学費が返してもらえる場合もあります。しかし予備校の方針によって大きく異なりますので、事前相談が必要です。


TOP