医学部合格を目指す人が選ぶべき予備校について

絶対に合格したい!予備校の選び方を大公開

合格実績から予備校を選ぶ

医学部といっても国立・私立と数多くあり、志望校によってもランクが異なります。とは言っても一般的には難易度の高い学校はほとんどで、独学で合格するのはほんの一握りです。

ちなみに医学部を目指す際、どの様な勉強方法があるのでしょうか?まずは冒頭で説明した独学ですが、この方法は予備校やオンライン講座を受けず参考書などを使って勉強する方法です。自宅やレンタルスペース、カフェと場所を選ばずに出来ますがモチベーションの維持が大変です。また独学だと本当にこれで良いのか?または質問や不明点を確認するところが極端に少ないので独学一本での勉強はおすすめ出来ません。
続いてはオンライン講座です。ネット環境があればどこでも予備校と同じ授業を受けられます。費用に関しても予備校よりも安いのがほとんどなので、人気を呼んでいます。しかしこの方法も独学と同じくモチベーションの維持が難しく、結局講座を受けなくなってしまったと言うパターンもあります。またコースやレベルが細分化されていないので、希望校にあったカリキュラムが提供されているかは利用してからで無いとわかりにくいデメリットもあります。

最後に紹介するのが予備校です。わざわざ足を運び、スケジュール通りに受講する必要はありますが、自分のレベルに合わせたコースやカリキュラムが豊富です。予備校の種類によっては、わきあいあいと授業を受けられるので同じ夢を持った仲間と知り合う事も出来ます。

医学部に合格するには?

どんなに良いと言える予備校でも、合格実績が低いと意味がありません。入校したい予備校を見定めたら、まず合格実績をチェックしてみましょう。 もちろん講師の雰囲気や導入しているカリキュラムを確認する事も重要です。目星をつけていない方にもおすすめの情報です。

費用をしっかり確認

予備校は早くて1年みっちり通って合格を目指します。人によっては数年かかる可能性もありますので、ランニングコストとして換算するとかなりの出費です。 ご家族が出してくれる、そして貯蓄もしっかりしているという方であっても発生するコストを把握し、入校する様にしましょう。

続ける為には相性も重要

勉学に励む予備校ですが、講師との相性や予備校の雰囲気も重要です。これらが合わないと通い続けるのは難しくなる、あるいは途中で諦めてしまうケースも考えられます。 ここでは自分に合ったカリキュラム、相性の良い予備校を探す為のチェックポイントを紹介しています。

TOP